何者

11/25,30,12/1,5,10と何者観劇しました。

 

 

原作は読んでたんだけど、落ちまくって内定もらえないところをダンスで表現するってきっと二宮拓人が顕嵐だから出来たこと何だろうなと思いました。

 

 

 

正直、初日は消化不良で

もやもやしたまま帰ったけど、30日は夜勤明けですっきりしました。

かなりしんどいだろうなとは思ったけど、しんどすぎでしょ。

 

 

 

 

初めての外部での主演、座長公演。

10日の千穐楽を迎えてほっとしました。

きっと無我夢中で駆け抜けた14日間21公演だったと思うし、何回言ってたの?ってくらいありがとうございましたと感謝の言葉を伝えていた姿が印象的で、顕嵐らしいなあと思いました。

 

 

 

就活をして、社会人として働いている今でも劇中のセリフが何個も心に刺さって考えさせられました。

 

 

 

泣くことはないなと思ったし、泣いたっていうツイート見てなんで泣けるんだろう?って思ってたけど、千穐楽公演の一番最後の面接のシーンはなぜだか分からないけど泣けてきて。

 

 

挨拶では共演者の小野田さん、勝大くんが顕嵐が頑張ってたって褒めてくださって、隣にはニコニコしていつもの怜央がいて。それだけで涙が止まらなくなりました。

魔女宅はかわいいって感じだったけど、何者は今もってる顕嵐の表現力を見せてもらえて、全身でエネルギーをぶつけてくれたそんな気がします。

 

 

次は空飛ぶタイヤだね。

絶対見に行くし、舞台挨拶も行くね。