1st Anniversary

1st Anniversary♡♡
Love-tune結成1年おめでとう🎊

 

思い返せば、1年前急に自担が追加になって。いや明日私入るけど、Yes!ないの?は?って文句をクリエ前でこぼしてたなーって。


顕嵐はTravis Japanだし、美勇人に続いてかけ持ちするの?大学もあるのに無理だよ。死んじゃうって思ったのもこの時でした。


入ってみたら7人にプラスしてふうくんもいて。
それはそれで楽しくって。でももろはらぶでいい。らんれおは………って受け入れられなくて。


夏はこの7人で。でも某週刊誌で9人の永遠の夏と称してトラジャが特集された時は、今後この9人と迎える夏はないんだと。幕開けて顕嵐がいなくて8人だったらどうしよう。そんな気持ちで増やしました←


サマステ、SLT、ドリボ…と現場を重ねるにつれてまとまりも出て、4人の時より7人の方が華があると思えるようになって。でも顕嵐もトラジャにいて欲しい気持ちは拭えなくて。
8/25の夜公演全てが最後だと思ったのと同時にIt's BADで顕嵐が「ラストー!」と叫んだ時は涙が溢れてきて、止まらなくってずっと泣いてました。

あの時はずっと隣にいた萩谷の人ありがとう。

 


安井担としては初めて自担が組んだグループがLove-tune。だから嫌いにはなれなくって、嬉しそうにしてるからこっちも嬉しくて。よかったねってやっと願いが叶ったねって思っていました。
でも顕嵐担としては、その事実が受け止めきれなくて複雑で、口ではだんだん受け止めてるよって言ってても、顕嵐の隣にはWカイトがいて欲しいっていう想いが溢れてて。

 


でも受け止めるきっかけをくれたのがトラジャでした。顕嵐自身は自分のことを多くは語らない子だから、のえるとトラジャ(特に宮近)が顕嵐が自分の意思で異動したこと、その決断をそっと後押ししてくれたことを教えてくれました。それと同時にそんな素敵なグループにいたという嬉しさと、その過去は変わらないんだなって思いました。


そのタイミングでやっとトラジャを見てここに顕嵐がいたのかななんて思うことも少なくなって。

徐々にトラジャ、顕嵐の口からお互いに遊んだこととかご飯に行ったこととかそういう話も聴けるようになって。

 

顕嵐が安井くんがキラキラしていればどこのフィールドでもいい。そう思える日が来るなんて思いませんでした。


今のグループの基盤を作ったやっすー、萩ちゃん、さなぴー、美勇人。そこに大きな華を添えてくれたもろ、ながつ、あらん。


いまならこの7人と見たことない景色を一緒に見たいな。ついて行くよって心から思っています。

ずっとずっと大好きだよ。

 

改めて1周年おめでとう。